美容メイクで女性の魅力を上げましょう

角丸

お化粧下地の選び方

メイクアップに欠かせないのがお化粧下地。下地がないと、そのあとのメイクが崩れやすくなりますし、ファンデにもムラが出てきます。
今回は、メイクアップに重要なこの化粧下地の選び方についてご紹介していきます。
ただ、化粧をしても隠せないのは顔に生えている産毛。産毛は脱毛しないと恥ずかしいですよね。脱毛 八王子の脱毛サイトを見てみました。

1.ナチュラルメイクには色のないクリームタイプがおすすめ
できるだけナチュラルにしたい、というのであれば無色のクリームタイプで保湿しながらメイクの土台を作っていきましょう。 無色だと毛穴のカバー力にはやや欠けますが、その代わりにカバー力に優れたリキッドファンデを用意すると、たっぷり潤いファンデを受け入れる準備の整ったお肌にファンデを塗ることができるのできちんと毛穴を目立たなくすることができますよ!

2.カッチリメイクのときは肌の様子によって色のあるものを
オフィス用メイクのときは、色のある下地を使うとカッチリメイクの土台になります。 肌に赤みがある場合はグリーン、逆に青白い肌のときはピンク系を使いましょう。
カラーのあるものは毛穴をしっかりカバーしてくれますし、それぞれお肌の悩みにアプローチしてくれるので重宝しますよね。


3.いずれにせよ重要なのは紫外線対策ができていること
どんなものを使うにしても、化粧下地に欠かせないのがUVカット効果があることです。
紫外線はお肌のトラブルを引き起こす元ですので、年中無休で対策が必要です。
たとえ、駅から自宅や職場が近くとも、窓から入る紫外線からお肌を守らねばなりません。
ただ、季節によって紫外線の強さも変わってくるので、SPFはそれに合わせて調節してもいいでしょうね。

いかがでしたか。
私自身も最近お化粧下地を変えました。前までは保湿重視のクリームタイプを使っていましたが、もう少しカバー力が欲しくなりピンク系の下地を購入。 下地が変わるだけでこんなに変わるんだ!というくらいに、お化粧のタイプも変わりました。なんだか視野が開けた感じで刺激的でしたね。
皆さんも自分に最適な下地を見つけてみてくださいね!

角丸
ピーリング
乳酸菌と肌